忍者ブログ
好きな音楽のこと
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


長い長い一時間の休憩が明けると、登場したのは秦くん。


「水無月」

「新しい歌」



野外で聴く秦くんの声はほんとにいいね♪
まわりの空気の質感を変えてしまう歌声。
ザラついたハスキーっぽさがありながらも透明感があって。


その後、
来る!来る!とステージに目を見張っていると・・・・



やっぱり来た!!! 山崎まさよし!!!!!


「心拍数」

秦くんとまさやんで「心拍数」!
まさやんが出て来た瞬間、まさに私の心拍数が急上昇!
吐息もむせぶほど!

雲に覆われた空に、まさやんのブルースハープの音色が響く・・・
目に映る光景が、なんだか現実離れしていくような。

秦くんは、さすがの歌声だった。
まさやんの曲をこんな風に素晴らしく歌われちゃうと、ファンとしては複雑。

そして次はまさやん。
・・・・す、すごい・・・・
なんだか今日のまさやん、すごくない!??

とにかく、まさやんの声量がすごくて。
迫力の歌声にゾワゾワ鳥肌が立った。
まさやんの顔から目が離せなかった。
ここ数年、ずっとライブでまさやんの声を聴き続けて来た私もビックリするほどの声量。
なんだか山崎まさよしの本気を見せてもらったような。(今までは何だったん?爆)

終始圧倒されたまま曲が終ってしまい、秦くんは舞台袖にはける。


 「この赤レンガは、6年振りです」とまさやん。
 「あの時は、、、嵐でした」 (笑)


そして、ここからまさやんのステージに入るのかと思いきや、
また一人呼び込むとのこと。

私はすっかり、オーガスタキャラバンでセッションしたさかいゆうくんを呼ぶのだと思い込んでいて。
そしたら、まさかまさかのアノ人の名前を呼ぶんですよ、まさやんが。


大橋卓弥!!


ええぇぇ~!!!!!


オーキャンに参加し始めて5年。
よもやこんな日がやってくるとは。


そうです。

の、まさやんと大橋くん2人きりのセッションです。


大橋くんが登場した途端、「かぶっとるやん!」とまさやん。
2人のTシャツの色が同じピンクだった(笑)


めずらしく時間が余ってる、ということで、2人のMC。
早くMCを切り上げて曲に入りたいまさやんと、
どれだけ好きかを何とかしてまさやんに伝えたい大橋くん(笑)
押しの大橋くんに、逃げ腰のまさやんが面白かったなぁ~^^

 「山さんと2人きりでやるの初めてなんですよ」と大橋くん。
 「お互いに初めてですね。・・・って、当たり前か(笑)」とまさやん。

もっと互いの心の距離を縮めたい、という大橋くんに、
 「じゃあ今、僕と君の心の距離はどのくらいなんだい?」とまさやん。
 「・・・1メートルくらいですよねぇ?」と、大橋くん。
1メートルの心の距離って、どんな感じ?笑

以前、札幌のフェスの後に2人で飲んだ、という話になり、
 「あの時は、山さんから色んな話を聞きました」とニヤニヤ顔の大橋くん。
 「憶えてますか?」
 「まったく憶えてない」
 「やっぱり!」 ←飲んで仲良くなっても、次会う時は関係がリセットされてる理由(笑)

まさやんも、後輩がこれだけ慕ってくれてるの昔から知ってるんだから、
もう少しそれに応えてやってもいいのに。
もっと2人で飲みに行くとかさ、自宅に招くとかさ。(秦くんは呼んだのに)
2人のセッションも、今回ようやくだしねぇ。
・・・ということで、、、


「十六夜」


まったくもって意外な曲が来た。
シングルでもないし、アルバム曲としてもかなりマイナーなイメージの曲。
大橋くんがこの曲をリクエストしてきて、まさやんも驚いたんじゃないかな。
でも私この曲大好き。
派手さは無いし、綺麗な旋律ってわけでも無いし、がっちりマイナーコードだし、、、
でも何だか、聴けば聴くほど味わいが出てくる曲なのよねぇ。
ホカリさんもつぶやいてたけど、山崎節が特に強く出ている曲なので、
これを他の人が歌うのはかなり難しいと思う。(歌えても、いたって平凡になってしまう)
まさやんが歌うからこそ、あの独特の雰囲気が出せる曲だと思うのです。
それを、あの大橋くんの声でどんな風に歌われるんだろう??と、
イントロで瞬間的にあれこれ考えてしまった。

最初の出だしからモロ山崎節全開!なのだけど、
大橋くん、なんとなく最初のひと声がすこし力み過ぎたかな?という気はしたものの、
その後は大橋くんの声の柔らかさや素直さが作用して、とても耳馴染みよく聴きやすい「十六夜」だった♪

だけど、欲を言わせてもらえば、他にもっと大橋くんの声を生かせる曲があったと思うのよねぇ。
例えば私の好きな「Passage」とか「お家へ帰ろう」とか。
あと、大橋くん版「FAT MAMA」聴いてみたいなぁ。



「花火」


まさやん一人になり、ピアノへ移動して「花火」。
ここで「ワンモア」が来たらさぞかし会場は盛り上がったことだろう。
その期待を裏切っての「花火」(笑)。
歌は良かったんだけどね。。
やっぱ、ここは期待に応えなくちゃでしょう、と思った。
実は今もまだちょっと恨んでる(爆)

ここで雨がポツリポツリと・・・


 「雨が降る前に、これだけ歌わせて~」と言い、


「Redemption Song」


ボブ・マーリーの曲だそう。
一番だけ?もしくは一部だけの抜粋?
という感じだった。
あの日は、突如まさやんが歌い出したこの曲がまったく分からず。
でも、わざわざこれをこのタイミングで歌ったのには、何か理由があるんだろうとは思っていた。

で、後日この歌のことを調べてみた。
そしたら、かなりメッセージ性の強い曲であることが分かった。
興味のある方は、歌詞をご覧になってみてください。→ 


「晴男」

オットも子どもたちにもすっかりお馴染みの曲(笑)
この頃にはかなり雨足も強まっていたけど、
家族で手を繋ぎ合ってワイパーしたのは、きっと一生の思い出になるな~♪
それにしても、何度聴いてもやっぱりいい歌詞。
まさやんの書く詩が本当に好きだ。


そしてお次は・・・


なんとなんと、長澤くんを呼び込んでの、


「真夜中のBOON BOON」 !!!!

長澤くんならではの歌い方がいい!
そして、間奏での2人のギターセッション!
大橋ファンとしてはちょっと長澤くんにヤキモチ焼いちゃうくらいの熱さだった!
楽しそうなまさやん。
そして恒例の、
「だけど涙が出ちゃう。だって、男の子だもん!」は、長澤くんが!!

こんなこともあろうかと(・・は思わなかったけど)ブンブンタオルを持参してて良かった^^
右手でタオルをブンブン振り回して、めちゃくちゃ楽しかったー!

正直、この2人がこんな楽しそうにセッションを!?と、目を疑ってしまう展開。
後輩たちに恐れられてる怖い先輩も、15周年を迎え少しは丸くなったのか(爆)


そんな興奮の渦の中、まさやんが退場。
あっけなく袖に消えて行った。


「カスミソウ」

「明日のラストナイト」


長澤くんのステージ。
「明日のラストナイト」は、けっこう好きな曲で音源も持っている。
しっかり曲を聴き込んでいるわけではないんだけど、彼の独特な雰囲気が好きである。


そして、15周年を向かえるスガシカオさんのご登場。
なんと、ビニール傘を差してヒョコヒョコやってきた(爆)

長澤くんと一緒に

「P.S.S.O.S.」をセッション。

サダさん、ゆうくんを迎え入れ、

「午後のパレード」

途中でお馴染みのダンサー集団が現れ、みんなで一緒に踊った♪
楽しかった!


その後、急遽増やしたレパートリを秦くんと一緒に。

「愛について」

秦くん、自信ないようなこと言ってたわりには、素晴らしい歌唱。
この2人、声も合ってるし最高です♪


「コーヒー」

「progress」


良かった・・・。
沁みました。


~本編終了~

(まさやん以外の部分、アッサリし過ぎ^^;)



~アンコール~


「ALL OVER AGAIN」

やっぱり耳はまさやんの声を追ってしまう。
力強い歌声。
ほんと、惚れ惚れしてしまうくらい。


「星のかけらを探しに行こう」

毎年この曲のイントロが流れると、あぁ・・今年も終わってしまう・・・と急に淋しさが込み上げてくる。
最後の見納め聴き納め。
なのに、今年の「星かけ」は何だかグダグダだった(汗)
パート分けがきちんと出来てなかったのか、或いは誰かが自分のパートを忘れたのか(爆) ←たぶん後者
誰も歌わない時があったりして、慌ててちーちゃんが歌ったり^^;
そんなグダグダもニンマリしながら楽しめてしまう、それがオーキャンの醍醐味だ♪

雨がけっこう降ってて、合羽を着てても顔なんかビショ濡れだったけど、
もうそんなのどうでも良くて、とにかくもう、この瞬間、この場所で、この大好きな人たちと一緒に、この歌を歌えることが、
もううれしくてたまらなくて、幸せいっぱいだった。

最後はお約束の花火!
目の前ですごい迫力!
上の方でもシュー!と火花が散ってるのが見えた。



こうして、今年のオーキャンが終った。

いろんな人のいろんな思いが詰まったオーキャンだったと思う。
これまで5回、参加しているけど、
今年のオーキャンはその中でも一番思い出深いものになったと思う。


それから、今年の進行についてだけど、
セッションが多く、個々の持ち歌が少なかったことに賛否両論あるようだけど、
私はこうしたセッションこそがオーキャンの醍醐味だと、今年つくづく思ったので、、、
とても満足してます。
確かに、持ち歌をもっと聴きたかったという気持ちはあるけど、
そのためにあの素晴らしい数々のセッションを聴けなかったとしたら、
そちらの方が損だと思うので。
持ち歌はそれぞれのワンマンライブで存分に聴けるのでヨシです。


私としては、去年のまさやんトリビュートより今年の方が良かった!
その理由を考えてみた。
他のアーティストがまさやんの曲をカバーするのは、
そりゃうれしかったし貴重なものをたくさん聴けて大満足だった♪
でも、今年のようなセッションでは、カバーするアーティストと本人が一緒に歌うんですよ。
その興奮といったら!!

やっぱり私は、大橋くんとの「十六夜」、長澤くんとの「真夜中~」が相当うれしかったんだよね。
ほんとうに。

来年もやる、と長男がデカい声で宣言してたので(酔っ払いのたわ言でないことを祈る・・・)、
また一年後を楽しみにして、今年の私のオーキャンを締めくくろうと思う。



おしまい。














拍手

PR

「夏はこれからだ!」  

左袖より、パラパラと現れたオーガスタ All Stars。
まさやんは左側。うちらは真ん中より少し右側だったので、まさやんがちょっと遠い・・。
でも、何だかこの日のまさやん、すごくカッコよかった
5月のCHABOで見たのが最後だったけど、あの時はハンチング&メガネで、
しかも何だかムチムチしてた感じで・・・ビジュアルにガッカリしてたんだ><
それが、この日のまさやんは再び若さを取り戻し、CHABO以前よりますます素敵になっていた!(大げさか?^^;)

2011年オーキャンの第一声は秦くん。
いよいよ始まった!大好きな人たちが目の前に並んでる!
ああ大橋くんまでいる!(あたり前)
この瞬間は暑さもジリジリな日差しも忘れてた。


このあとサダさんと長澤くんがステージに残る。
サダさんのステージ。
長澤くんと何かをやるらしい。
・・・と、いきなり始まったのは、COILの、

「ミュージック」

この曲欲しさにCOILのアルバムを買ってしまったくらい、お気に入りの曲♪
うわーっ テンション上がるー♪ と気分も盛り上がりつつも、
まだお昼ご飯にありつけて無かった私たちは、そそくさと席を離れ会場の外へ。
・・・しかしここで、長澤くんが残ったことにふと嫌な予感が・・・。
まさかね・・・まさかね・・・・
そんな不安を持ちつつ、ご飯を買っていたら、
「ハタクヤ!!」と叫ぶサダさんの声。
なんと、ハタクヤがステージに招き入れられ一緒に、

「BIRDS」

をセッション。
ガーン!とショックを受けつつ、子どもたちにも何か食べさせなくちゃ、と、
息子と娘を急かし、列に並んでいたところに、次は最悪の事態が・・・!
まさやんの名前が呼ばれたー!!
何よこれっ!!!
もう何に腹を立てていいのか分からないまま昼ご飯も子どものこともすべてオットに丸投げし、
「とにかく私戻るから!後はよろしく!」と、
それでも自分のご飯はしっかり手に持ったまま急いで会場内へ。(これがまた遠いんだ)

会場へ入ると、スクリーンにはまさやんの他、ちとせちゃんやゆうこさんの姿も。

「やわらかなサイクル」 

をみんなで歌っていた。
うーん、やっぱり素敵だわまさやん・・
このとき食べたご飯がめちゃくちゃ美味しかった♪
オーガスタ食堂じゃないけど、大満足^^

そして元ちとせのステージへ。
毎年ちーちゃんのステージでガラリと雰囲気が変わる瞬間が好き。
そして

「カッシーニ」

を歌ってくれたことがとてもうれしかった。
この人がオーガスタにいてくれて、私は本当にうれしいのです。

「カッシーニ」が終ると、
ちーちゃんが「では・・・、私の次に人気がある2人を」とスキマを呼び込んで、一緒に

「雫」

ちーちゃんの紹介の仕方にウケていた2人(笑)
「じゃ、ボク達の次に人気のあるのは誰なんですか?」と大橋くんが聞くと、
「秦くん」とちーちゃん(笑)
本当にみんな仲がいいんだなぁ、と思わされるひとコマ。

「雫」は、最近エリンにハマっている息子がどうしても聴きたいと言っていた曲。
たぶんスキマは新曲とあとは有名どころ(全力少年とか)を歌って持ち時間いっぱいじゃないかなぁ?と、
「雫」をやる可能性は低い、と思っていたけど、まさかこういう形で聴けるとは!
息子も喜んでいたけど、でもあれだけのレパートリーの中からまさに「雫」を歌ってくれるなんて、
それがどんなにラッキーなことなのか、イマイチその有り難味が分かっていないわ!まったく!
それをしつこく力説しようとするウザい母(汗)をよそに、子ども達はスキマの登場に大喜び♪
そしてスキマのステージへ。


「センチメンタル ホームタウン」

これを聴くとデラデラのあの日を思い出す(笑)
なかなか始まらなくて、この曲ばっか繰り返し聴かされたからなぁ^^;
スキマらしくて、幸せな気分になれる曲♪

「さいごのひ」

はぁ~・・・なんだか泣きそうになってしまった・・・


その後、杏子さんを呼び込み、

「view」

うわー!これは杏子さんに似合い過ぎでしょ!
始まる前、大橋くんと杏子さんで何やらヒソヒソ内緒話してたけど、
曲の簡単な打ち合わせだったらしい。
これも息子の大好きな曲。
杏子姉さん、すごくカッコよかった!すっかり自分の歌にしてたよね。
なんというか、歌もうまいけど、やっぱパフォーマンスがプロ!
プロってみんなプロだけど、“魅せる”という意味においてホント杏子さんは天性の才能をお持ちです♪

・・・と言いながら、杏子さんのステージでは席を外しておりました^^;
その後のさかいゆうくんも。
娘を連れてとある列に並んでおりました(汗)

さかいゆうくんの途中で席に戻ると、
秦くんを招き入れて、

「鱗」

を二人でという素晴らしいセッションが!

でもこの時、息子と娘がつまらんことでケンカをしており、
「ママー!にいちゃんが○○って言ったぁ~」
「だってお前が○○するからだろっ!!」
・・・と、一応周りに気を使って小声で言い合ってるんだけど、
もうイライラして「うるさい!」と二人を一喝。
とにかくさ、周りの人の迷惑なることだけは勘弁だよ・・・
しかもこんな素晴らしいセッション中に。


「鱗」が終ると、二人で「きゅーけーい!」と叫び、休憩タイムへ。
それまで休憩があるなんて思っておらず、
そういえばこれまでも休憩時間あったよな、と納得していたら、
「これから一時間の休憩に入ります」と場内アナウンスが。
どよめく会場。
一時間!?
マジで!?
それを知ってたら、杏子さんやさかいくんのステージも席で見れたのに!

でもこの後知った情報によると、この日赤レンガに停泊していた「ASUKAⅡ号」の出航がちょうどこの時間で、
出航の際に大きな汽笛が鳴るため、汽笛待ちの休憩という意味合いがあったらしい。
事情が分かれば、なんだかそれも横浜らしくて素敵よね。
携帯の「オーキャンなう」でまさやんが汽笛のことをつぶやいていたけど、
船の荷役をしていた事のあるまさやん、きっとあの汽笛を聞きながら昔を思い出していたのかなぁ、と思ったりね。

実際、夕方の横浜の港を、汽笛を鳴らしながら出航していく「ASUKAⅡ」はとてもロマンチックだった。
なぜかみんなで手を振ってお見送り(笑)
地元自慢になっちゃうかもしれないけど、
本当にこのロケーションは素晴らしく、ステージの隣はすぐ海だし、
空にはカモメが飛び、海に白く浮かぶベイブリッジに、海をはさんだ向こうには大桟橋、
後ろを振り返れば、みなとみらいを象徴するコスモクロック(観覧車)に船の帆をイメージして建てられたインターコンチネンタルホテル、
そして空にそびえるランドマークタワー、
赤レンガからは見えないけど、桜木町駅の向こう側、紅葉坂の交差点を越えたあたりは、
昔まさやんがデビュー前に住んでいた場所である。
赤レンガから歩いて行けちゃう距離だ。


正直、オーキャン会場内の居心地としては、去年の夢の島の方が良かった。
何より広かったし、下が芝生で気持ちよかった。
だけど、ここ赤レンガは、会場の狭さを補って余りあるほどの魅力の詰まった場所だと、
出航していくASUKAⅡや、夕闇に浮かぶ港の夜景を眺めながら思ったのでした。


つづく。








拍手


横浜赤レンガで開催された今年のオーガスタキャンプ。
もう一週間が経ってしまったけど、やっぱり文章に起こして残しておきたくて、
僅かな記憶に頼りながらレポを書こうと思います♪

何と言っても地元開催!ということで、
発表されて以来、気分も例年以上に盛り上がって当日を迎えた。
今年は初の家族参加♪
小5の息子はともかく、まだ小2の娘を連れて行くのはかなり心配だったけど、
私の影響でオーガスタフリーク、特に大橋くんが好き♪と言う娘、
しかも今年は横浜という近場で、行き来もラク、
そして何より、A7ブロックの前から3列目という素晴らしい席だということもあり、
連れていくなら今年しかない!と思い切って家族で行くことにしたのだ。

週間予報では晴れだったのに、当日が近づくにつれ曇りマーク、ついには雨マークまで出てくるに至って、
熱中症対策から雨対策に準備を急遽変更したものの、
結局、当日の開場時間には恨めしいほどの元気な空、気温は急上昇、
まさに、このイラストのような横浜赤レンガの風景でありました。

この日は飼っているチワワをペットホテルに預けたんだけど、
ホテルが朝10時からしかやっておらず、開店と同時に預けて急いで家に戻ったけど、
それでも赤レンガに到着した時にはすでに12時を過ぎていた。

すでに会場はグッズやオーガスタ食堂に群がる大勢の人人人。
おまけに、もーとにかく暑くて暑くて荷物は重いし子どもはウロチョロするし、
もう一刻も早く席に着いて荷物を降ろし、オープニングまでに腹ごしらえを!と息込んでいるのに、
途中でファミマのブースの人?に呼び止められてメッセージを書いてくれとか言われ、
「後で来ます!また書きに来ますから!」と言ってすげなく素通りし(ごめんなさい)、
会場マップで確認した通り、オーガスタ食堂を抜けた先の入り口に向っていたら、
入り口とおぼしき場所に突如立ち塞がる会場スタッフ。
そして「入り口はあちらです!」と元来た道を指差す。
マジ~!?と半分キレながらも仕方ないのでそのまま踵を返し再び歩き始めたら、
歩いて来た道をほぼ丸々引き返すハメに・・・
もっと分かりやすく表示してくれ!と思ったけど、
うちらがテンション高く気付かなかっただけかも(汗

とにかく、今回のことで得られた教訓は、
会場へ行くのは早ければ早いほどいい、ということだ。
オーガスタ食堂はあの長蛇の列を見たらとても並ぶ気になれず、
グッズももはやどうでも良くなり(それどころじゃなかった)、
どちらも楽しみにしてたのに、残念・・・
でもドリンクは大橋くんのとゆうこさんのを買えました♪
まさやんのは苦手なウイスキーなんで、やっぱりやめといた。

まぁそんな感じで、ライブ開始まではバタバタで、
社長の挨拶も上の空、オープニングアクトのベラキスのステージも完全にBGMになってしまったけど、
何とかオーガスタ☆オールスターズが揃って登場するオープニングまでには、
身の回りのもろもろの準備も済み、万全の状態で臨めました^^


ライブ編へつづく。









拍手


最近、エリンの再放送にハマってしまった息子。
主題歌のスキマの「雫」もお気に入りで、
何とか憶えようと、絶えず口ずさんでいる。
そのおかげで、ここんとこBGMはスキマずくし。
・・・なのはいいんだけど、
凝り性の息子、雫ばかりをリピート再生するもんだから、
私のアタマの中もすっかり雫だらけで、
夜寝るときもアタマの中で雫が鳴りやまない。

元々「雫」は大好きな曲だけど、
これだけ続けて聴いても、それほど嫌気がささない。
いい曲だな~と、何度聴いてもつくづく思う。
メロもいいんだけど、やっぱりあの声だからだわ、と。
そうしみじみと思う。


息子は「雫」を今回初参加となるオーキャンでぜひとも聴きたいらしいけど、
一体どうなることやら。

私は「ムーンライト~」を聴きたい。













拍手


デラデラ79、たったいま終ったところです^^

例年、たくさん笑わせてもらうけど、
今年のデラデラは本当に楽しかった!
ふたりのトーク、最高です♪
そして、歌もいろいろ聴けて大満足!
やっぱりいい声だー!


デラデラ終了後、そのまま会員継続の手続きを。
やっぱりふたりが好きだ!と、つくづく思わされたので。

ということで、また一年、よろしくお願いしまーす^^





拍手

次のページ >>>
pick up!
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ご協力おねがいします☆
最新コメント
[07/17 マサンバ]
[07/14 りょうぶう]
[04/04 りょうぶう]
[03/08 アッカ]
[09/19 りょうぶう]
オススメ♪





『OUT OF THE BLUE ~B side集』 by 山崎まさよし







『アレルギーの特効薬』 
by 山崎まさよし







『歌うたい15』SINGLES BEST 1993~2007  by 斉藤和義







『空創クリップ』 
by スキマスイッチ







『Drunk Monkeys』 by大橋卓弥







『Dressed up to the Nines』 byゴスペラーズ


最新トラックバック
プロフィール
HN:
るん
性別:
女性
自己紹介:
音楽大好き♪の三十路2児の母です。どうぞよろしく♪
バーコード
スカルクロック
バーバリーブルガリティファニーフェンディプラダクリスチャンディオールブログパーツ

ブログ内検索
最古記事
カウンター
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.